会社案内

企業理念

人本経営 (人を大切にする経営)
従業員とその家族および協力会社、顧客等、我社に関わる全ての人の幸せの実現を追求しながら社会に貢献する

社長挨拶

新日電機(株)は1965年の創業よりお客様のご要望や信頼に応える配電盤づくりに努めてまいりました。
お客様を始め、先人の皆様方、従業員の皆様方そして弊社と共に良い製品づくりに携わって頂いたビジネスパートナーの皆様方のお陰であったと存じます。

配電盤は電気を供給している変電設備・動力設備・照明設備等に必要不可欠な装置であり、電気というエネルギーの需要は今後もあらゆる分野で増々増えていくものと考えられます。
また、建物の老朽化に伴う電気設備のリノベーション事業は弊社においても重要な市場と捉え、高品質・短工期・低コストを図るべく、技術力・提案力を磨き、お客様にご相談させて頂いております。

今後もより多くのお客様に「安心・安全・品質・スピード・対応力」をモットーに、全社一丸となってより良い製品・サービスを提供させていただく所存でございます。

また、弊社は人本経営(人を大切にする経営)を経営理念に掲げており、お客様第一主義は従業員が幸せを感じない会社には実現不可能であると考えております。
従業員と会社が少しずつ年輪の如く成長し、手間暇を惜しまず、付加価値のあるサービスを実践することによって、将来に渡り社会に信頼・感謝される会社を目指しております。
今後ともご愛顧、ご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

青柳社長

代表取締役社長 青柳 城作

会社概要

■ 商号 新日電機株式会社
■ 創業 昭和40年 11月25日
■ 資本金 4,750万円
■ 事業内容 キュービクル式非常電源専用受電設備( 認定品含む )
高低圧配電盤、分電盤(耐熱盤含む)、動力制御盤、端子盤
各種開閉器類、リニューアル
■ 従業員数 40名
■ 事業所 本社・川崎工場  >>MAP
神奈川県川崎市高津区宇奈根847番地
TEL:044-811-8101(代表) FAX:044-811-8106
山梨工場  >>MAP
山梨県南アルプス市藤田2299番地
TEL:0552-84-6921 FAX:0552-84-6922
■ 主要取引先 大坪電気(株)、小田急電鉄(株)、川北電気工業(株)、川本工業(株)、
(株)関電工、(株)共栄社、(株)きんでん、(株)熊谷組、
栗原工業(株)、(株)弘電社、合同電気工事(株)、三機工業(株)、
昭和アステック(株)、振興電気(株)、住友電設(株)、(株)フジタ、
高野電気工業(株)、玉川学園、中央電化工事(株)、(株)東光高岳、
東光電気工事(株)、(株)デイ・シイ、日鉄住金テックスエンジ(株)、
日本精工(株)、日本電設工業(株)、長谷工コーポレーション、
富士古河E&C(株)、(株)ミライト、(株)雄電社、米沢電気工事(株)、
六興電気(株)、その他有力電気工事および大手建設会社 (敬称略・50音順)
■ 主要取引銀行 川崎信用金庫 久地支店、きらぼし銀行 久地支店、商工中金 川崎支店、
三井住友銀行 溝ノ口支店(50音順)
■ 所属団体 JSIA 一般社団法人 日本配電制御システム工業会
東京配電盤工業協同組合
山梨県配電盤工業協同組合
一般社団法人 山梨県設備設計事務所協会
一般社団法人 川崎北工業会
公益社団法人 川崎北法人会
川崎商工会議所
■ 年間売上高 約10億円

沿革

1965年11月 新日電機株式会社を東京都目黒区碑文谷1丁目3番地21号に設立。
配電盤部門の製造販売を開始。資本金100万円。
1970年10月 資本金500万円に増資。
1972年7月 神奈川県川崎市高津区宇奈根847番地に統括した新工場を建設。
1973年7月 資本金1,000万に増資。
1979年9月 消防法キュービクル式非常電源専用受電設備の認定取得。
1980年12月 資本金2,000万円に増資。
1988年12月 資本金3,000万円に増資。
1993年5月 山梨工場新設
1997年4月 社団法人 公共建築協会 評価書取得 ①分電盤、②制御盤、③キュービクル式配電盤
2005年11月 ホームページ開設。
新日電機株式会社WEBサイト www.shinnichi-dk.co.jp
2006年7月 ISO 9001認証取得
2014年4月 耐熱型配電盤の認定取得(第一種、第二種)
2015年11月 創業 50周年
2016年12月 一般建設業(電気工事業)神奈川県知事免許の取得
2020年9月 川崎工場・山梨工場リニューアル工事完了
2020年12月 資本金4,750万に増資。
◇東京中小企業投資育成株式会社を引受先とする第三者割当増資を実施。